葬儀の流れ | ひすい野ホール – 富山県下新川郡朝日町

ひすい野ホール トップページ > ご葬儀の流れ > お通夜
  1. 臨終直後
  2. 各連絡
  3. 打合せ
  4. 火葬手続き
  5. 仏様お迎え
  6. 納棺の儀式
  7. 読経
  8. お通夜
  9. 葬儀準備
  10. ご葬儀/告別式
  11. 出棺
  12. 斎場
  13. ご葬儀後から35日・49日法要まで

葬儀の流れ > お通夜

① お通夜の準備
箱菓子を準備します。
箱菓子をお渡しする方を決めておきます。
一部に限り、箱菓子とジュースをお渡しします。
地域により、お通夜に何もお渡ししない地区もあります。
② 寺院接待
別室にて、寺院方にお茶でもてなしをします。(ホールの場合はスタッフが対応)
③ 遺族、親族集合
弔問客の方々がご参列の場合、喪主は礼服。遺族、親族は半礼服、
地域によって女性の方は色喪服を着る場合があります。
身内、近所の方々だけで自宅お通夜の場合、喪主は平服。遺族、親族は平服が一般的です。
お通夜10分前にご準備を整え、ご着席願います。
④ お通夜
宗派、寺院により、お通夜時間が異なります。
浄土真宗の場合、「読経—20分」「法話—20分」
禅宗、真言宗の場合、「読経—40分」

※ 舟見地区の一部では御詠歌があります。「読経—1時間15分」

⑤ 喪主挨拶
お通夜終了後に挨拶をして頂きます。
社葬、団体葬の場合は、葬儀委員長が喪主にかわり挨拶して頂きます。
喪主が未成年の場合は、親戚代表の方に挨拶をお願いします。
⑥ お通夜終了
喪主、遺族の方はホール出入口にてご参列者をお見送り致します。
地域により、おもてなしをする地区もあります。(自宅お通夜の場合)
(お酒、お茶、菓子、軽食事、その他)
喪主は、寺院方にも挨拶をして頂きます。
⑦ 寺院接待
お茶でもてなしをします。(ホールの場合はスタッフが対応)
焼香盆のお金をお渡しします。